野菜づくり

プランターでの簡単な野菜作りを紹介します。?プランターを準備します:プランター(650タイプが一般的)またはトロ箱でも大丈夫です。?土と底石を準備します:野菜作り用なら培養土、腐葉土どんな土でもかまいません。底石も、安価なもので構いません。?プランターに土を入れます:まず、プランターの水切り網の上に底石をおき、土を入れます。トロ箱の場合は、底に水切り用の穴を数個あけましょう。土の量は、プランターの上縁から3センチぐらい下を目安に。?種を準備する:初心者向けなのは、1カ月強で収穫可能なコマツナ・サニーレタス・ラディッシュなどです。他にも色々ありますので、ホームセンターなどでじっくり吟味して下さい。?種をまく:3センチ間隔ぐらいでパラパラと種をまきます。その上に、土を5ミリほどかぶせ、そっと水をかければ種まき終了です。?間引き:発芽して数センチ伸びてきたら、間引きをします。間引きといっても難しく考えず、成長の弱い葉っぱを抜くだけです。この作業で、残された野菜達に今までの倍、栄養が行くこととなります。(極端にいうと、20本で分け合っていた栄養が10本の芽で分かち合えるようになるという考えです)?液肥を与える:種類は気にせず、液体の肥料であれば大丈夫です。?あとは、水やりを忘れないように育てていき、食べ頃になったら収穫するのみです。

時間をかけるなら、プチトマトやきゅうりなどの苗など買ってきて、育てるのも簡単ですよ。

 

ページの先頭へ