北欧食器

一概に北欧食器と言っても、数えきれないくらいのメーカーがありますので、それぞれ個人の好みによって北欧食器の選択も異なってくるかと思います。また、選択した食器によってインテリアの雰囲気も異なってくるかと思います。北欧ファンが作ったインテリアであっても、みんな同じにならないのが、北欧の面白いところ。広大な大陸である北欧ならではのバリエーションなのかもしれません。ここでは、いくつかの北欧食器をご紹介させて頂きたいと思います。

マルチビタミンの情報サイトはこれ

北欧食器のご紹介

<アラビア>1873年に北欧フィンランドで誕生したアラビア社。大胆、かつ清楚なのが特徴。「ポモナ」というシリーズは、フルーツをモチーフにした食器でとても可愛らしいイメージです。「フィネル」はホーロー製品のシリーズで、ビビットカラーがとてもレトロな感じでお鍋やヤカン、マグなど揃っています。「フェニカ」は、大胆さが特徴なアラビア社の商品の中では珍しいシンプルな食器。無地に1本のラインのみというシンプルさ。他にも多数のシリーズ展開です。

eKワゴンをはじめとする三菱の中古車情報が満載の「三菱Channel」

<グスタフスベリ>170年の歴史を持つ、スウェーデンの陶磁器メーカー。北欧ブームの火付け役、スティング・リンドベリもグスタフスベリのデザイナーです。商品としては、スウェーデン語で「葉」を意味する「ベルサ」シリーズが有名です。名前の通り、大胆に描かれた葉っぱの柄の食器です。

<ロイヤルコペンハーゲン>1770年代初め、デンマークで生まれたメーカー。日本でも百貨店などで取り扱われてますので、ご存知の方も多いかも。青と白のコントラストが魅力です。日本の有田焼の影響もあるという食器のせいなのか、私達にも馴染みがあり、飽きのこない商品です。

他にも多数の陶磁器メーカーがあります。コーヒー1杯飲むのにも、その時の気分に合わせてカップを選んで飲めたら素敵ですよね。インテリアと言っても、家具のみならず、小さなカップ1つでも、私達の気分を変えさせてくれるのです。

D-roomPlaza
http://www.d-roomplaza.net/pet.html

 

ページの先頭へ